Information

  • 本物のはちみつには、手間隙と愛情が込められる。

    • はちみつ作りの大部分は、初夏から秋にかけて、厳しい冬を越すために誠心誠意を尽くします。

      女王蜂の育成、働き蜂の育成、蜂の健康管理、産卵の調整、貯蜜の管理調整等々、決して容易ではない蜂たちの越冬を成功させるために全力を尽くすのです。

      そして春の訪れが比較的早く、雪の降らない蜜源植物が早く咲く越冬地へ、冬を越すために移動します。

      その後2月半ばからは女王の産卵も始まるので、餓死しないように貯蜜巣の点検や、卵を産む為に必要な巣の管理などをします。

      こうした準備を整えながら、4月上旬頃には越冬地から蜜蜂を引き揚げて蜂群の調整を行い、蜜蜂を大切に扱ってくれる、理解のあるサクランボ農家の方だけに個人で貸し出しし、交配と蜜蜂の育成を行います。

      その後、二週間程度で貸し出した蜜蜂を引き揚げ、サクランボから帰ってきた蜂群から採蜜したのがサクランボのはちみつとなります。

      採蜜は(ハチミツを作る作業)は、この辺りからいよいよ本番を迎えます。

    ページのトップへもどる

© 美容によく効く はちみつ通販. All rights reserved.